映画に飽きた?見る気力がない5つの理由【対策あり】

映画に飽きてしまった理由と対策

 

悩み鳥

・映画に飽きてきた理由って何?
・映画を見る気力がないんだけど、対策ある?

こんな疑問にお答えします。

 

結論:本記事を参考にすればOK。

昔はテレビ画面や映画館にて、ワクワク・ドキドキしながら映画を見ていたはず。

ただ「飽きた」といって、次第に見るのをやめた方が多いはず。

 

ヘトリ

実際、映画をたくさん見ていた筆者も、なぜか見る気力がない期間がありました、、。

なぜそうなったのか。

考えた結果、実は5つの理由があることが判明。

 

そこで今回は『映画に飽きた理由』について紹介していきます!

対策もあるので最後までご覧ください。

この記事でわかること
✔映画に飽きた5つの理由
✔映画を見る気力がない方の対策
✔映画に飽きた⇒非難する必要なし

 

映画に飽きた・見る気力がない5つの理由

映画が上映される様子

映画に飽きた、見る気力がなくなった理由は下記の5つ。

  1. 単純に長い
  2. 活力が必要
  3. 新鮮味が減少した
  4. 見れる時間が少なくなった
  5. YouTubeという娯楽ができた

順に解説します。

 

理由①:単純に長い

まず映画って長いんですよね。

だいたい2~3時間は、全部見るのにかかるじゃないですか。

そりゃ見る回数が増えれば増えるほど、飽きやすくなるのは当たり前な話。

 

それだけ長いと、途中で集中力が切れます。ストーリの最後まで、ワクワクしながら見ることは難しい。

ですから「時間が長い」の理由が、映画に飽きて見る気力がなくなる原因でしょう。

 

理由②:活力が必要

映画を見始めるのに、かなりの活力が必要なため。

なぜなら下記がおきるので。

  • 長い時間見る必要ある
  • 見てる間、他事できない

要するに「見るのがめんどくさい」という現象になるんですよね。

 

腰や目、頭も疲れますし。

映画を1本見ようと思ったら、心身ともに体力が必要。

そのため映画を見る気力が少なくなり、結果「飽きた」という感情に陥ります。

 

理由③:新鮮味が減少した

新鮮味が減ったのも、飽きた原因の1つ。

というのも、子供のころはワクワク・ドキドキしながら映画を見ていましたよね。

実はあれって、初めての経験だったから。

 

例えばですが、強大な「敵」が現れて町がパニック状態になったとき

ヘトリ

もうだめだ!!!終わった!!どうするの??

って、不安になったはず。

そしてその後、何らかの方法で敵を撃退すると

すげーーーー!!

ヘトリ

と、感動しました。

 

が、大人になるにつれ・映画を見る数が増えるにつれ、パターンが分かってきちゃいます。

敵が現れても「どうせ助かるさ・倒せるさ」と予想ができ、感情のジェットコースターが止まってしまうことに。

つまりワクワクしない。

 

パターンが同じ様な映画ばかり見ると、新鮮味がなくなり「飽きた」となる理由になります。

 

理由④:見れる時間が少なくなった

単純に、見れる時間が少なくなったのも原因。

大人になるにつれ、色んなイベントが増えますので。

  • 中学になると部活
  • 高校になると受験
  • 社会人になると仕事

結果、映画じたいを見る時間がなくなっていきます。

 

先述しましたが、1本の映画を見るのに約2~3時間は必要です。つまり年齢が上がるにつれ、見れなくなるのは明らか。

 

家に帰ってからの、少ししかない自由時間を「映画」に使うのは、ためらうのもしょうがありません。

ヘトリ

そうなると、見る気力が減るよね。

ですので、見れる時間が減ったのが主な理由の1つ。

 

理由⑤:YouTubeという娯楽ができた

YouTubeを見るようになったのも、映画に飽きた理由です。

というのも、映画よりも短い時間で、面白く楽しめる動画がたくさんありますからね。

それも無料で。

 

映画とYouTubeは比較するものではないですが、「動画」というジャンルで言ったら同じ。

自由時間が少ない中で、どちらを選ぶとなったら「YouTube」のはず。

見たこともない多数の動画を、短い時間で無料にずっと視聴できるのはかなり強いでしょう。

 

そのため「YouTube」という娯楽が増えたのも、映画を見る気力がなくなった理由です。

 

映画に飽きた・見る気力がない方の「対策方法」

映画を楽しく見る様子

悩み鳥

映画に飽きた理由はわかった!
でもまた映画見たい気持ちもある。。でも飽きたからなぁ、、

という方、安心してください!

対策があります。それが下記↓

  • まず長期間見ない
  • 違う趣味をしてみる
  • 倍のスピードで見る
  • スキマ時間を活用する
  • 全く違うジャンルを見る
  • 短い時間で終わる映画を見る

1つずつ紹介しますね。

 

まず長期間見ない

長期間、映画を見ない!!これが1番の対策かと。

飽きた・見る気力がない、、っという悩みは、ほとんどの方が経験するんですよね。

でもそれって当たり前。

 

例えばですが、大好きな「ジュース」を四六時中飲んでたら、誰だって飽きますよね。違う飲み物・水・お茶を飲みたくなるはず。

 

映画も同じで見過ぎると飽きてしまい、バラエティ・ドラマなど違うものを見たくなります。

だから、まず長期間見ない。

そうすれば、いつかまた「映画」を見たくなる。「ジュース」を飲みたくなる。時はやってきますので。

 

違う趣味をしてみる

映画とは違う趣味をするのも、対策の1つ。

これは先述した「長期間見ない」と、平行しておこなうと効果的ですよ。

理由としては、映画以外のことで楽しむことで、また映画を見たくなるから。だってその趣味もいつかは、飽きますからね。

 

それに趣味が増えれば、人生経験もUPし、話のネタも広がるので損することはありませんので。

やっておいて後悔しない趣味は下記。

  • 耳で聞く「読書」
  • 流行りがわかる「音楽鑑賞」
  • 最短約3週間で取れる「資格勉強」

それぞれの役立つ情報を、簡潔に紹介しますね。

 

耳で聞く「読書」

最近話題の、耳で聞く読書。

手を使わないので、通勤・通学のスキマ時間で本の内容を知ることができます。

目を閉じてもOKなため、今の時代に最適。

 

Amazonオーディブル」なら、最初の1冊はタダで聞けるので、良かったら参考にどうぞ。

Amazonオーディブルとは?メリット・デメリット【無料体験あり】Amazonオーディブルとは?【メリット・デメリットを解説】

 

≫0円で聞ける本を探してみる

 

流行りがわかる「音楽鑑賞」

音楽を聞くことで、リラックス・心が癒される生活が送れます。ゴロゴロしながら、音楽鑑賞もありですね。

 

music.jp」なら、約620万曲の作品がオフラインでも聞くことが可能。

最近の音楽を知らない方でも、流行りについていけますよ。

ヘトリ

映画の主題歌を聞くのもあり!

 

今なら30日間無料体験ができます。※しかもタダで約2500ポイントがGETできるので、逆に使わないと損かも。

試すなら今のうち。

≫無料体験の内容を見てみる

 

最短約3週間で取れる「資格勉強」

今の時代、自宅で資格を取ることが可能。

なんと「ラーキャリ」なら、申し込みから最短で、たったの約3週間で取得できますよ。

時間が無い方でも、充実した趣味になるかと。

 

「コーヒー」や「心理学」など、幅広い資格ラインナップがあります。

スキルが向上すれば、よりカリスマ性のある人物になれますね。

≫取得できる資格を見てみる

 

倍のスピードで見る

映画に飽きた方の対策として、倍のスピードで見るのが良いかと。

そうすれば、かなり短縮して1本の映画を見れるので。

先述した「見れる時間が少ない」方にとっても、役たつので倍速でみるのはあり。

 

ちなみに「U-NEXT」なら、1.0~1.8倍速で見れますよ。

約190,000万本が、見放題作品。31日間は無料体験(600ポイントGET)できるので試す価値あり。

u-next メリット・デメリットU-NEXTとは?何ができる?【メリット5つ・デメリット2つを解説】

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

スキマ時間を活用する

電車の通勤・通学の、スキマ時間を活用して映画を見るのも対策の1つ。

例えばですが、往復40分かかるとします。

そのスキマを使えば、2~3時間かかる映画でも約3日で見終えますよね。

ヘトリ

倍速で見ればさらにはやい!

 

先述した「U-NEXT」なら、ダウンロードが可能です。つまりオフラインでもデータ通信を気にしなくてOK。

憂鬱な通勤・通学のときに、ワクワクできる映画を見ると心が安らぎますね。

 

嫌な時間⇒楽しい時間にしたい方は、下記を参考に↓

映画観るなら<U-NEXT>

 

全く違うジャンルを見る

新鮮味が減って「飽きた」という方は、見たこともないジャンルを見るのもあり。

初めて見る展開やシーンに出会え、味わったことない感情が生まれる可能性があるので。

 

例えば下記のジャンル。

  • 恋愛系
  • ゾンビ系
  • アクション系

種類によってパターンが違うので、新鮮味が増えるのは間違いなし。

 

映画に飽きた方は、別ジャンルを見てみてはいかがでしょう。

U-NEXT」なら幅広い種類がありますよ。

 

短い時間で終わる映画を見る

悩み鳥

長い時間見るのめんどくさいんだよなぁ。

という方は、短い映画を見るのはどうでしょう。

約90分で完結する作品も、たくさんあります。1時間半ほどなら、まだ集中して見れるかと。

倍速で見れば、もっと早く見終えますし。

 

ちなみに短い映画でも、面白い作品はたくさんありますよ。

例えば、あの名作『カメラを止めるな』の上映時間は約96分です。

時間が短い=つまらない、わけではありません。むしろ、少ない時間ということは、内容の密度が濃いと言えますので。

 

ここだけの話、実は『カメラを止めるな』も
U-NEXT」なら見放題可能。

まだ見たことない方、0円で見たい方は下記へ。

 

映画観るなら<U-NEXT>

 

映画に飽きた・見る気力がない⇒非難する必要ないですよ

映画のフィルム画像

悩み鳥

昔はあんなに映画をワクワクしながら見てたのになぁ。楽しめない大人になったのかな、、。

たまに、こう考える方がいます。

が、映画に飽きて見なくなったといえ、自分を非難する必要はありませんよ。

 

なぜなら時代が変わってきたため。

今はちょっとした時間でも、何か有効活用しようと考えるからです。

 

例えば病院の待ち時間。昔はボッーとして待っていた方も多いはず。が、最近はスマホを触ってヒマつぶししますよね。

つまり現代だと、数分間何もしないことにすら苦痛を感じます。

 

ですので数時間も座ったまま見る「映画」を、今の時代『飽きた』や『見る気力ない』と思うのはしょうがないこと。

だから自分を非難する必要は、ないですよ。

 

実は、多くの方が経験してます

ここだけの話、たくさんの方が「映画に飽きた・見る気力がない」という経験をしてます。

ですから、自分だけが映画に対して、ワクワクしなくなったわけではなし。

ヘトリ

Yahoo!知恵袋などに、同じ悩みを持つ方がたくさんいたからね。

 

ちなみに記事の最初にも言いましたが、筆者も経験済み。

小学・中学性のころは、たくさんの映画を時間を忘れるぐらい見てましたからね。過去に見た作品でも(笑)

 

ですから誰にでも「映画に飽きた・見る気力がない」という経験はするはず。

自分は楽しめない人なんだ、、との非難はいりません!

※ただ筆者の場合、本記事の対策をしてからは、また映画にハマりだしましたよ。

 

絵や文章を楽しむのもあり

映画を見る気力がない方は、絵や文章を楽しむのはどうでしょう。

なぜなら映画とは違って、何時間も集中する必要ないですから。

例として「漫画」や「読書」ですね。

 

自分の読みたいタイミングで始め、終わることが可能なため、最小限の気力で楽しめますので。

 

Amazonオーディブル」なら耳で聞く読書ができます。

部屋でゴロゴロしながら学習できますし、目を休ませられるので今の時代に最適。

 

「映画に飽きた、、違うことがしたい」という方は下記を参考にしてください↓

Amazonオーディブルとは?メリット・デメリット【無料体験あり】Amazonオーディブルとは?【メリット・デメリットを解説】

≫0円で聞ける作品を見てみる

ヘトリ

今なら最初の1冊無料だよ!

 

映画に飽きた・見る気力がない「理由」と「対策」:まとめ

 

というわけで、映画に飽きた理由と、見る気力がない方の対策を紹介していきました!

まとめると下記になります。

【理由】

  1. 単純に長い
  2. 活力が必要
  3. 新鮮味が減少した
  4. 見れる時間が少なくなった
  5. YouTubeという娯楽ができた

 

【対策】

  • 倍のスピードで見る
  • 映画を見ない期間を作る
  • 短時間で終わる作品を見る
  • スキマ時間を活用して見る
  • 見たことないジャンルを見る
  • 映画とは、別の娯楽・趣味をやる

 

映画を見る気力がない方は、たくさんいます。

とはいえ、長期間たったら、また見たくなる欲が出てくるので安心してください。

 

ちなみに映画をまた見たくなるリハビリとしては、「倍速で見る」「見たことないジャンルを選ぶ」ですね。

短い時間で見れる+新鮮味が増すため、飽きた方にはかなり効果的かと。

 

U-NEXT」なら、それらの要望を満たせますよ。

無料で初月見放題ですので、参考にどうぞ。



≫UーNEXTとは?何ができる?【メリット5つ・デメリット2つを解説】

 

今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です