【解決】ゲームをやらなくなった7つの理由【やる気が出ない方必見】

ゲームをやらなくなった理由と対策

 

悩み鳥

・大人になるにつれ、ゲームをやらなくなった理由って何?
・ゲームするやる気がでない、、。対策ある?

こんな疑問にお答えします。

 

結論:ゲームをやらなくなった理由は7つ。

それは大人になるにつれ、やる気が出なくなる要因が増えたせいです。

ゲームが進化したのも一理あり。

 

ただ、安心してください!

本記事の対策を知れば、またゲームがやりたくなるでしょう。

というわけで今回は『ゲームをやらなくなった7つの理由』について紹介していきます!

この記事でわかること
✔ゲームをやらなくなった理由
✔ゲームのやる気が出ない・対策

 

ゲームをやらなくなった7つの理由

ゲームのコントローラー

ゲームをやらなくなった理由は下記の7つ。

  1. 単純に飽きた
  2. 新鮮さが減った
  3. 同じジャンルばかりプレイ
  4. 全クリするまでの時間が増えた
  5. ゲーム以外の娯楽要素が増えた
  6. 有意義な時間に使いたくなった
  7. そもそもゲームができる時間が減った

順に解説しますね。

 

①:単純に飽きた

当たり前ですが、単純に飽きたのがやらなくなった理由の1つ。

どんなもの事でも、長年やり続けると飽きてくるのが必然。

特にゲームなんかは、「同じ様な作業をする」+「似たプレイ画面を見る」を繰り返しますよね。

失敗したら、また最初からという仕組みも、気力が失せる原因ですし。

ヘトリ

飽きやすいのは仕方ないこと。

 

ですので、まず「ゲームに飽きた」というのが、やらなくなった理由でしょう。

 

②:新鮮さが減った

ゲームで味わう、新鮮な気持ちが減ったのも理由の1つ。

というのも、子供のころって何のゲームをしても「感動」「楽しみ」「ワクワク感」が半端なかったですよね。

あれって、初めての体験だったからです。

 

が、大人になるにつれ、ゲームの経験値がどんどん上がっていく。そうなると、どのゲームをしても新鮮味が薄れていきます。

ヘトリ

・まぁこんな感じだよね。
・やはりここで敵でるよね。

と、予想がつきますからね。

つまりゲームに対する「楽しみ」「感動」がなくなっていく。となると、やらなくなっていくのは明白。

 

③:同じジャンルばかりプレイ

同じようなジャンルを、何度もプレイするのもやらなくなる理由です。

例えばFPS、スポーツ系。

この場合ゲームの題名・カセットは違えと、大体やることは同じですよね。

 

  • FPSなら相手を撃つ
  • スポーツなら点を決める
  • 他にも格闘系なら、相手を倒す

と、ジャンルが同じなら、実際はプレイ内容も似ます。

すると先述した「飽きる」という原因に、どんどん近づいてしまう。

 

なので同じジャンルばかりプレイすると、ゲームをやらなくなる理由になります。

 

④:全クリするまでの時間が増えた

全クリアするまでの、攻略時間が増えたのも理由の1つ。

最近のゲームって、やりこみ要素がかなり増えましたよね。

例としてマリオなら、スターを探したり。PS4のゲームソフトだと、サイドミッションが追加されたり。

 

昔と比べて、クリアするまでにかかる「時間」「労力」が、かなり増えました。

そのため、新たなゲームを始める際の、めんどくさい気持ちも増加。

さらに後述しますが、大人になるとゲームできる時間が減ります。

ヘトリ

そうなるとやる気が下がるよね。

 

ですからゲームをやらなくなった理由の1つは「全クリまでの時間が増えた」となるのは言わずもがな。

 

⑤:ゲーム以外の娯楽要素が増えた

そもそも論ですが、ゲーム以外の娯楽が増えたのも原因かと。

  • YouTube
  • 動画配信サービス
  • アプリで読めるマンガ

上記など、最近ではゲームよりも気軽に楽しめるモノが増えてきました。

 

つまり極論、別にゲームをやる必要がなくなったということ。

一昔前は娯楽と言えば「ゲーム・マンガ・レンタルDVD」でした。

ただ、今は無料or格安で「マンガを読む・ビデオを見る」ことが可能になっています。

 

ゲームをプレイする、という選択肢以外が増えたため、やらなくなったのでしょう。

 

⑥:有意義な時間に使いたくなった

大人になるにつれ、自己成長につながる時間を使いたくなったのも理由の1つ。

例えば「筋トレ」や「読書」など。

子供のころは、とにかく暇で遊びたかったはず。だからガムシャラにゲームをやった方も多いかと。

 

ですが大人になると、勉強面・外見面・健康面に気を使いますよね。将来の役に立つ行動をしていきます。

別にゲームが役に立たないわけではありません。

ただやはり、今後を考えると「ゲームをする時間⇒有意義な時間」へ無意識にチェンジしていく人が多くなります。

 

時間の使い方が変わったことが、結果的にゲームをやらなくなった理由につながるでしょう。

 

⑦:そもそもゲームができる時間が減った

年を取るにつれ、主に社会人になるとゲームがプレイできる時間が減りますよね。それが理由の1つ。

会社から家に帰ってきて、ご飯を食べ・お風呂に入ったらもう遅い時間。

ゲームなんてやってる暇ない方も多いかと。

 

その逆に、学生のころはゲームができる時間が多かった!

部活・受験もありましたが、それ以外の時は主にヒマですからね。ゲームを永遠と楽しくプレイしてたはず。

この時間の差が、ゲームをプレイするか否かの大きな原因。

ヘトリ

もし社会人になっても、ヒマな時間が膨大にあったらゲームすると思うよ!

 

ですのでそもそもの「ゲームをする時間が無い、、」が、やらなくなった主な理由です。

 

ゲームのやる気が出ない方の「対策」

ゲームをやろうとする様子

悩み鳥

ゲームをやらなくなった理由は分かった!
けど、ゲームしたいなぁ。。でもやる気が出ない。

という方に朗報。

対策はあります。それがこちら↓

  • 長期間ゲームしない
  • ゲーム以外の趣味を作る
  • 自分の人生をゲームにする
  • すぐクリアできるゲームをやる
  • やったことないジャンルのゲームをする

1つずつ紹介しますね。

 

長期間ゲームしない

まずゲームをしない期間を作ること。

ゲームのやる気を出す対策なのに、いきなり矛盾してますよね(笑)

ただ、これが一番の対策かと。

なぜなら「飽きた」という理由が、簡単に改善できるため。

 

ずっとゲームをプレイしてなかったら、数カ月後、数年後には

ヘトリ

久しぶりにゲームやりたい!!

という気持ちに、ほぼ確実になってますから。

小学生の時やっていた「カードゲーム」を、大人になってから『またやりたい』と思った経験ありますよね。

それは時間がたつにつれ、やる気がUPしたため。

 

ですので対策として、まずゲームをやらない期間を作るのがかなり良いです。

 

ゲーム以外の趣味を作る

そしてゲームの他に、趣味を作るのも対策。

これは先述の「ゲームをやらない」と、平行で行うと効果的。

理由は同じく、飽きるの改善。

そして逆に、新たに始める趣味に飽きたら「ゲームをしたくなる」感情が強まるためです。

 

趣味が増えれば、人生経験も積まれますし、楽しみもUPするためデメリットはありません。

オススメの趣味としては下記。

  • 読書
  • 映画を見る
  • 資格の勉強

補足となりますが、それぞれ始める際の『損』しない情報をお伝えしますね。

 

「読書」の損しない情報

Amazonオーディブル」なら耳で読書できますよ!って情報ですね。

通勤などのスキマ時間で活躍できますし、目をつぶりながら本の内容が分かるので便利かと。

 

嫌われる勇気」や「人を動かす 文庫版」といった、多くの方に読まれてる良書も聞くことが可能。

なお、今は無料体験なら1冊タダ!

≫無料体験で1冊タダで聞く

Amazonオーディブルとは?メリット・デメリット【無料体験あり】Amazonオーディブルとは?【メリット・デメリットを解説】

 

「映画を見る」の損しない情報

U-NEXT」なら無料体験で30日間、19万本(映画orアニメorドラマなど)が見放題できる情報です。

ゲーム以外の趣味が、1カ月タダでプレイできるってことですから。

損はまったくしません。

 

それにダウンロード可能なため、オフラインでもデータを気にせずに映画が見れますよ。

映画観るなら<U-NEXT>

u-next メリット・デメリットU-NEXTとは?何ができる?【メリット5つ・デメリット2つを解説】

(※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

「資格の勉強」の損しない情報

ラーキャリ」なら、自宅で簡単に資格がとれるよ!って情報です。

なんと申し込みから最短で、たったの約2週間で取得ができる資格もあります。

 

忙しい方には、うってつけの趣味となるでしょう。

ヘトリ

ちなみにコーヒー&マネジメント資格が、もっとも申し込み多いよ!

≫ラーキャリで取得できる資格を見る

 

自分の人生をゲームにする

「なんだそれ」と思うかもしれませんが

自分の人生自体をゲームにしてみる、のも対策の1つ。

ヘトリ

筆者はこれをしたことで、ゲームのしたい!やる気が出てきました(笑)

 

具体例としては下記。

  • 筋トレをする
  • 外見の清潔感を上げる
  • お金を稼ぐ能力をUP

これらは自分のレベルを上げる行動ですよね。

ゲームの中のキャラではなく、現実の自分のレベルを上げる!

要するに自分を主人公にして、人生を攻略していく。人生をゲームにしてみるってことです。

 

で、これやってみたらわかるんですが、努力すればするほどフィクションの世界に入りたくなります(笑)

というのも努力に疲れて、安らぎ・娯楽を求めるようになるので。

 

するとゲームのやる気がでてくる。

嘘と思うかもですが、現実をゲーム感覚にするのも良い対策ですよ。

≫【厳選】家でできるトレーニンググッズ5選+1【筋トレ初心者に最適】

 

すぐクリアできるゲームをやる

数時間、いや数分でクリアできるようなゲームをすべし。

例えばスポーツの1ゲーム、すぐ終わるようなミニゲームだったり。

 

これなら「ゲームに飽きた」という方でも

悩み鳥

少しだけやってみようかな。数分だけ。。

と、ゲームのやる気がわきやすい。

 

リハビリみたいな感じで、ゲームをやらなくなった方にはかなり最適な対策でしょう。

最近のソフトだと「世界のアソビ大全51-Switch」が良いですね。

幅広い遊びが、数十分で終わるのもあれば、3分ぐらいで遊べるゲームもあるので。

51種類あるので、飽きることはほぼないでしょう。

 

やったことないジャンルのゲームをする

今までプレイしたジャンルとは、違うゲームをするべし。

そうすれば、ゲームで味わえる「新鮮さ」「楽しみ」「ワクワク感」がより一層増えますので。

  • FPS⇒パズルゲームへ
  • 格闘ゲーム⇒育成ゲームへ
  • スポーツゲーム⇒推理ゲームへ

上記のような、全く違うジャンルだとなお良いでしょう。

 

「飽きた」という方も、異なるタイプをプレイしてみれば、その感情も減るはず。

最近だと、幅広いソフトが収録されたゲーム機が発売されましたので↓

たった6000円円程度で、30タイトルもプレイできるので『損』はしません。

新鮮さを味わいたいなら、持っておくべし。

 

余談ですが、下記のゲーム機なら「週刊少年ジャンプ」特別仕様。

ジャンプのキャラが活躍する「20タイトル」が収録されてるので、昔の懐かしい思い出がよみがえりますよ。

 

 

ゲームをやらなくなった⇒非難する必要なし

ゲームのやる気が出なくて悲しむ様子

悩み鳥

昔はあんなにゲームしてたのに、、楽しめない大人になったのかなぁ

たまに、こう考える人がいます。

が、ゲームをやらなくなったといって、自分を非難する必要はありません。

それは自分自身が大人になったため、楽しむことが変わったからです。むしろ向上してるということ。

 

「ゲームを楽しめなくなった⇒人間として成長した」と捉えてください。

 

大多数の大人が経験してる

ほとんどの大人が「ゲームをやらなくなった」という経験をしてます。

そのため、自分だけではないことを知っておくべし。

ヘトリ

Yahoo!知恵袋に、同じ悩みの方がたくさんいたよ。

 

ちなみに筆者も経験済み(笑)

中学・高校の頃はめちゃくちゃゲームにはまってました。が、徐々にめんどくさくなり離脱。

誰でもゲームに飽きる・やる気がなくなる感覚は、体験しているでしょう。

 

ただ、本記事の対策を行ってから、またゲームにはまりだしましたよ!

 

プレイしないゲームは売るのもあり

ちなみに、やる気がなく、プレイしてないゲームソフトは売るのもありですよ。

他の娯楽に使うお金に回した方が、損しませんからね。

そのうちまたやりたくなる、、という気持ちもわかります。が、人生の時間は有限。

今やりたいことをやっておくべし。

 

それに速めに売った方が、高価買取されやすいので。ゲームソフトは徐々に価格が下がりますからね。

 

【グッズキング】なら全国どこからでも無料査定できますよ。

箱に詰めて送るだけ、という簡単な作業で高価買取してくれるので、時間がない方に最適。

よければ参考にしてみてください。


宅配ゲーム買取の【グッズキング】

 

ゲームをやらなくなった理由・やる気が出ない方の対策:まとめ

 

ということで、ゲームをやらなくなった「7つの理由」と「対策」を紹介していきました!

ゲームのやる気がでない、、という感情は、誰にでも起きます。

が、それは成長してる証。

ヘトリ

自分を非難する必要はありません。

 

いつかまた、プレイしたくなります。そのためにも、ゲームしてない今こそ違う趣味をするべし。

より豊かな人生になるので。

 

良ければ下記をどうぞ。

【ゲーム以外の趣味】

 

読書をする⇒Amazonオーディブル

 

映画を見る⇒U-NEXT

 

資格の勉強⇒ラーキャリ

 

 

【使わないゲームソフト】

 

高価で買取⇒【グッズキング】

 

今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です